ゆらゆら日誌

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先週公開されたばかりの映画「スカイクロラ」を観てきました。
原作とはやはり若干相違点はあるものの、すべて許容範囲。


冒頭のダンスシーンの映像からして綺麗で綺麗で、おおおお押井監督!!!!
って思いました。


原作の小説を読んでいて、きっとこんな感じなんだろうって想像していたそれら空中シーンの、頭の中で作りあがっていたもやもやした部分が、ストンと映画で整理されて、クリアになって、オープニングの時点でなぜか涙目 笑

なんかありがとうって思いがすごく込み上げてきちゃいました。

うん、アニメでよかった。
実写じゃ多分感動できない。


お話に登場する人間達も、もともと人間くささというか、大人のどろどろをフィルターで漉して、すごく綺麗にしたような人物たちが多いから、きっと実写だとそういうものが映りこんでしまって気持ち悪かったと思うんです。

酒飲んでタバコすって、空を泳いで人を殺して、そして娼婦を抱いて、人を好きになってって、なんかすごく人間くさいはずなのに、淡々としていてクールで夜中の空気みたいなシンとしたイメージを、すごく綺麗に作ってあったと思います。


そういえばこの映画、とあるテレビ会社の50周年記念作品らしく。
作中の新聞が「○売新聞」や「dailyYO○○URI」だったのがすごく笑えました。
うん。
スポンサー大事、スポンサー。


・・・こういうの、泥臭いよなぁ、仕方ないけど。

あと電通じゃなくて博報堂だった。
うーーん、こういうところにどうしても目がいってしまいます(^^;)





ところで予告編ムービーで、アレをちょっとみました。

<太><色:#ff0000>デトロイトメタルシティはあと2週間で公開です。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yurayura3298.blog7.fc2.com/tb.php/724-0bcf3758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。