ゆらゆら日誌

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<中>{}

株主総会から早一週間。
今日は一週間経過した現在の、わが部の新・部長について語ります。

彼は見た目超「好々爺」
そして他の部署と私の部署の部長を兼任しています。

あ、うちの会社おかしくて、手広く事業やりすぎなんですよ。

でもって、部署ってゆっても一つの会社みたいなノリがあったりして、実際私の部署は「社内制カンパニー」ってやつで、部長は「プレジデント」、副部長は「バイスプレジデント」って呼ばれてて、大統領かい! 笑 って入社した当初つっこみいれてたんですけど、そんなわけで部長といっても会社としては立派な常務取締役。

その常務取締役、元いたメインの部署がビルの2階(本社機能は2階なんです)、私の部署が8階にあるので、在席時間をコアで作りました。
大体午前中のお昼前一時間と、おやつたいむから夕方まで二時間の、計三時間はうちにいます。ちなみにうちの会社は八時間勤務。

つまり一日二往復は必ずすることになったのですが・・・(会議やミーティングあるともっと増える)





ヤツ、エレベーター使わずに階段で往復しやがる!!!!




おじーちゃんパワー恐るべし!!! 笑



んでもって、あっけらかんと「健康にいいなぁ、わっはっは」ですよ。

なんか懐の大きさを垣間見ました。



思うのですがね、確かに仕事の出来不出来っていうのは個人の能力上存在するのですけれども、仕事はできても人間として小さい人の数のほうが、圧倒的に多いのです(あ、うちの部署の場合ね)

そしてそういう人であればあるほど、あの人は仕事ができないから、という批評をしたがる傾向があると思うのです。
さらに、現状の会社に不満をいうだけゆって、自分は与えられた仕事を完璧に遂行すればいいと思っているので、自分の完璧な仕事を邪魔されるとすごく怒る。
会社って個人プレーじゃないぜ? というかこの世の中に一人でできる仕事なんて存在しないと思う。

確かに、うちの会社の外から見た評価というのは、親会社の中で出世コースから外れた人が集まる場所というイメージが(ソース元某掲示板)あるのだけれども、それでもやはり年の功というか、もともとのキャパシティは違うというか、元部長にしろ、現部長にしろ、現状を楽しむことをすごく知っていて、楽しく人生を過ごしている気がするのです。
だって一日八時間以上ってことは一日の3分の1は会社で過ごしているわけですよ。その3分の1を、きちんと楽しむようにしている。

楽しいっていうのは、生きるうえでかなり重要なポイントだと思うのですが、なぜかこれを「与えられるもの」だと思い込んでいる人が多い。
楽しみっていうのは自分で見つけて、作り出していくものだろう!

以前友人と「忙しい」ということの定義について語ったときにもこの話題になったけれど、結局死ぬほど時間がタイトで肉体的に忙しい、という状況でも、それを楽しんでいるときには辛さってないんですよね。
私もまだまだです。楽しんでいきます。





そんなわけでおじーちゃんすごいなー、尊敬だなーとか思っていたんですけど。


女の人が(多分営業メインの部署の中では)一番多いうちの部署をじーちゃんはえらく気に入っていて、毎日笑顔なんですけどね。

さっそく名簿片手にフロアのみんなの顔と名前を覚えようと張り切っているんですけどね。



じじい名簿の女性社員の名字の隣に下の名前かきこんでいやがる!! 笑
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yurayura3298.blog7.fc2.com/tb.php/693-fdfbd112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。