ゆらゆら日誌

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさっしぶりにキーボードをケースから出して、電源指してシールドをつないでみました。
クリパ(12月22日)ぶり☆
今日はキーボードの練習をするのだ!
まぁしかし飽きっぽい私のことです。開始一時間で早くも飽きてます。

基本的な私のキーボード練習方法は、
1:スコア見ながら曲を聴く。
 ・スコアに記載されているものと、実際の音との相違のチェック。
 ・演奏不可能な箇所のチェック(両手弾きのときになおかつメロディラインあるとか、鍵盤数の限界とか)
2:音色作成。
3:スコア見ながら曲かけつつ作った音色で試奏。
4:決めポイント以外スコア見ないで曲に合わせて弾く(まぁコードは適当でもあってりゃOK)
5:スコアチェック(適当に弾いた箇所確認)

で終了なんで、音色作成を除けば1曲にかかる時間は30分くらいで練習終了なんですけどね。
そして一回練習すれば2ヶ月くらいは覚えていられるので、バンド練習の前日に一回弾くだけで何もしなくていいし。
でも今回は、「1」の部分でつまずいてるので、どうしようもありません。
ここさえこえれば難しいところなんて何もないんですけれど。


だってバンドスコアの癖に弦四重奏でスコアに乗ってる…。とか…。しかもその上ディレイかかった音色はいってるとか…。







ちなみに、某オーチャンズの場合の練習方法は

1:とりあえずイントロ部分から終わりまで一生懸命弾く(スコアのみ。音源は聴かない)
2:せめてコードを覚える(音源は聴かない)
3:ソロ部分をひたっすら弾けるようにがんばる(音源は聴かない)
4:頭から終わりまでゆっくりでもいいからひたすらノーミスで弾けるようにがんばる(音源? 何それ)
5:徐々にテンポを上げれるようにがんばる(まだ音源聴かない)
6:音源にあわせて弾いて自滅する(なんか違うものになってるんだよね)
7:音源にあわせて必死に弾く(軌道修正)
8:音源を無視しだす(原点回帰)
9:自分の世界にはいる(あきらめる)

の流れをひたっすら打鍵がめっちゃめちゃ重たい自宅のピアノでやります。
するとあーら不思議、キーボードの鍵盤が軽すぎて指が滑るぜ(ダメじゃん)
しかも練習サボるとすぐに弾けなくなっちゃうので、それが困りものですなぁ。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yurayura3298.blog7.fc2.com/tb.php/612-0d2986b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。