ゆらゆら日誌

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<中>{}
今から見るですよ
感想はまた後で(笑)


観て来ました。
以下感想
とりあえずカンヌみたいに観終った後に失笑できればいいな、と思ってたんですけど、ちゃんと失笑できて良かったです★元々説明の多い小説を映画化したものだもの。よほど上手に製作しない限り、説明描写が多ければだるいし、無ければ原作知らない人にはわけわからないし。なんかファーシュ警部がすごく頭の弱い警部さんみたいになってて、ハリウッドぽいなぁと思ったんですけど、小説だとファーシュの考えがイマイチよくわからないので(何で途中で二人が容疑者じゃないと思ったのかとか)まだわかりやすいのかなぁとか、リーさんとアリンガローサさんは配役逆の方がいいんじゃね? とか思ったりとか。シラスは単なるカルト信者みたいで、でもイメージどおりだなぁとか。レミーさんがいい執事さんで、ハァハァだなぁとか何よりも<太>原作じゃあ最後はラブラブで終わるんだけれども、そうしなかったのは、主役がトム・ハンクスだからかなぁとか思いました。内容的にいうと、クリプテックスの暗号が一つ飛ばしになってしまっている部分や、秘密の儀式の説明がすっ飛んでいる部分や、最後の暗号を解くときに図書館に行かなかった(携帯のweb検索で済ませた)ので、図書館受付の(推定)美人のお姉さんとの絡みがなかったのが残念です。あと、原作ではコレ警部補がもっと目立ってて、私は勝手にコレ警部補がお気に入りだったので、その部分も残念です。でも今日一番残念な事実はニンテンドーDSがどこにも売ってないことです。オロロンオロロン。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yurayura3298.blog7.fc2.com/tb.php/256-2e89c825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。